joshinoroi

【書評】待つのではなくて、葛藤してみる
 解説:韓英恵(女優)

『「女子」という呪い』(雨宮処凛著)

 父親が韓国育ちの日韓家庭で育った私はまさしく、「女は家庭、男は仕事」で育った。

 私の父にはフェミニズムの言葉はなく、家族の中で父親が一番えらく権利を持つという考え方の人だった。 続きを読む

nou-ninchi

【書評】認知症と人間との関わりに新たな光を照らす
 解説:茂木健一郎(脳科学者)

『脳科学者の母が、認知症になる』(恩蔵絢子著)

 脳科学において、認知症は重要な研究テーマである。その発症のメカニズム、進行を止める方法、脳の回路が受ける影響などに関心が集まる。高齢化社会において、認知症を理解することは、脳科学の最も大切な課題の一つと言ってよい。

 とはいえ、脳科学者である本書の著者にとっても、自分の母親が認知症になるというのは、予想していなかったことだろう。戸惑い。不安。対策の模索。自分の家族が認知症になったときの感情の揺れや、気持ちの動きは、脳を研究する科学者であっても一般の人々と変わらない。 続きを読む

soka

【書評】なぜ、これほどまでに強いのか?
 解説:本房 歩(フリーライター)

『創価学会』(田原総一朗著)

世界最大の仏教運動

 20世紀を代表する歴史家アーノルド・J・トインビーが、英語版『人間革命』にわざわざ序文を寄せ、

 創価学会はすでに世界的出来事である。

と書いたのは1971年のことだ。
 当時、創価学会は前年に750万世帯に達したばかりであり、いくつかの国に法人化された組織があったとはいえ、まだSGI(創価学会インタナショナル)も結成されておらず、公明党も結党して10年にも満たない野党だった。
 あれから半世紀。今日、創価学会の存在感と影響力は、往時とは比較にならない大きさになっている。 続きを読む

kyokuhokuhe

【書評】終わりのない旅の記録
 解説:高橋伸城(美術史研究者)

『極北へ』(石川直樹著)

「今見ている世界」の外へ

 大学生になった1997年の夏、著者はカヌーを背負ってアメリカ大陸へと向かった。
 多くの冒険家たちを魅了してやまないユーコン川を下るためであった。
 カナダ西部の氷河に始まるこの細い流れは、アラスカの大地をヘビのようにうねりながらベーリング海へとそそぐ。
 極北へと何度も引き寄せられるきっかけともなったこの挑戦。出発から到着まで、すべてを一人でやり遂げた。 続きを読む

kusanoha

【書評】アメリカ・ルネサンスの眩い光彩
 解説:本房 歩(ライター)

『詩集 草の葉』(ウォルト・ホイットマン著/富田砕花訳)

36歳のデビュー作

 ウォルト・ホイットマンは、およそ200年前の1819年、農夫ウォルター・ホイットマンの次男として、ニューヨーク州ロングアイランドに生まれた。
 じつは父親が自分と同じ名前を彼につけたので、正しくはウォルター・ホイットマン・ジュニアということになる。
 父親はまもなく大工に転身したものの一家の生活は苦しく、ウォルトも11歳から弁護士事務所の雑用係として働きはじめる。その後、見習いを経てニューヨークで植字工となるが、大火で職場の印刷所を失う。故郷に戻って小学校の教師をし、再びニューヨークに戻るとジャーナリストや印刷業などで身を立てていた。 続きを読む